FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

練習。

口調慣れしたいが為の青空天地のチャット。
…長くなった。

---------------

『最近』

アレク「キーちゃんから仕事しないって言われるんだけど」
あいら「何でだろうね?」
たける「当たり前だろ、いつも俺達に付いて行って…というか仕事、するのか?」
アレク「Σするよ!?」
たける「大天使が仕事をするイメージが全く沸かないんだが」
アレク「見回りとか、書類の片付けとかが基本かな」あいら「見回りってどこらへん?」
アレク「勿論、世界中。いつもは下に任せてるけどね」
たける「見回りだけだとまるで自宅警備員だな…デスクワークするのか?」
アレク「自宅警備員言わない!!…一応僕より上の天使だっているんだよ」
たける「へぇ、居たのか」
アレク「だから僕は一応仕事をしてるって事。今もね」
かぎ番「何言ってるんですか大天使」
アレク「うわっ、キーちゃん、いつから居たの!?」
かぎ番「少し前からです。報告をしに来たのですが、まずその仕事の前にするべき事ありませんか?」
アレク「う゛っ」
たける「大天使が何かしたのか?」
かぎ番「書類を出していないだけですよ。そうですよね?大天使様」(真顔
あいら「えぇ!?仕事してないじゃん!!」
アレク「ちょっ、怖い!怖いって!!行く!行きますから!!!」
たける「仕事しないって言われるのも当たり前だな」
あいら「ね。ところで自宅警備員ってどんな意味?」


アレク「これだって立派な仕事だよ?」
かぎ番「優先順位を考えて下さい。あと、そんな嘘をつかないで下さい」
アレク「……(仕事は嘘じゃ無いんだけど…)」

---------------

終わってくれ。
大天使にとって世界が家みたいなものなので、自宅警備員はあながち間違っていないかも知れないと思った今日この頃。
スポンサーサイト
[ 2011/05/30 ] オリジナル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asenosufea.blog11.fc2.com/tb.php/175-a7bb3f94







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。